折り返し地点は重要な伏線だらけ【シャボンディ諸島のモデルははフロリダ州の2大遊園地】

この記事では

  • シャボンディパークはフロリダ州のディズニーワールド
  • 麦わらの一味完全崩壊から完全復活まで
  • シャボンディ諸島と新世界編の見事な対応

について書いています。

実在するマングローブとテーマパークの国

共通点1「マングローブの樹」

シャボンディ諸島
出典:ONE PIECE 51巻 尾田 栄一郎

シャボン玉が飛ぶ幻想的なシャボンディ諸島は、巨大な”ヤルキマン・マングローブ”の樹の集まりです。

アメリカ・”フロリダ州”南部のエバーグレーズは亜熱帯の湿地帯になっていて、マングローブが集まった林が観光地として有名です。

マングローブ
出典:https://www.yonature.com/

共通点2「ウォーターワールド」

トビウオライダーズのアジト
出典:ONE PIECE 51巻 尾田 栄一郎

トビウオライダーズのアジトは海上要塞になっていました。
ケイミーのバイト先の店主で、元アーロン一味のタコの魚人”ハチ”を助ける為に水上バトルになります。

このシーンはフロリダ州のテーマパーク”ユニバーサル・スタジオ・フロリダ”で人気のアトラクションがモデルです。

日本にもある”ユニバーサル・スタジオ”は映画の世界を再現したテーマパークで、元ネタの映画はケビン・コスナー主演の『ウォーターワールド』です。

ウォーターワールド
出典:https://www.usj.co.jp/web/ja/jp

共通点3「シンデレラ城」

シャボンディパーク
出典:ONE PIECE 51巻 尾田 栄一郎

魚人島の子供達の憧れ”シャボンディパーク”。
ココヤシ村に建てたアーロンパークもシャボンディパークを真似て建設されたことが判明します。

子供の憧れ、キング・オブ・テーマパークと言えば”ディズニー”で、そのシンボルと言えば”シンデレラ城”ですね。

フロリダ州にも当然”ディズニー”はありますが、その規模はテーマパークと言うよりも”都市”に近く東京ディズニーランドの約240倍の面積を誇ります。

シンデレラ城
出典:https://www.disneylists.com/

以上3つの共通点から、シャボンディ諸島はフロリダ州だと言えます。

伏線回収答え合わせ

冒険の半分を示すレッドラインの麓にあるシャボンディ諸島は、今から考えると後半の海”新世界”編のちょい見せがエグかった。

当時は気づかなかった重要キーワードをまとめてみました。

モリアの忠告と歯が立たない敵

モリアの忠告
出典:ONE PIECE 49巻 尾田 栄一郎

100体の影でドーピングした上に、”ギア2”と”ギア3”の技を重ねてようやく”七武海ゲッコー・モリア”を倒したルフィは、反動で体が縮み気絶するように倒れ込んでしまいます。

体に負担をかけ過ぎるルフィの戦闘法では、この先に待ち受ける”海軍大将”や”四皇”との戦いが思いやられます。
本当にモリアの忠告通りになるのでは?と心配するウソップ。

ウソップの心配
出典:ONE PIECE 50巻 尾田 栄一郎

そして次に上陸したシャボンディ諸島で心配は現実になってしまいました。

物理攻撃が効かない”自然系ロギア”の海軍大将。
打撃が効かないはずのゴム人間に打撃でダメージを与える”覇気使い”。
一味全員で総力を上げて1体倒すのがやっとなのに次々と湧いて来る海軍の”人間兵器。

勝てない敵
出典:ONE PIECE 53巻 尾田 栄一郎

追い討ちを掛けるように現れた本物の”七武海”バーソロミュー・くまによって麦わらの一味は”完全崩壊”を喫してしまった。

後に”バーソロミュー・くま”はルフィの父の仲間であり、一味の”協力者”だった事が判明します。
麦わらの一味が飛ばされた”修行編”の舞台についてまとめた記事がコチラ↓

悪い歴史と魚人島の呪い

悪い歴史
出典:ONE PIECE 51巻 尾田 栄一郎

大昔の人間は、優れた能力を持つ魚人族を妬み、その存在を恐れた。
その結果、人間達は魚人を差別・迫害し海底へと追いやってしまう。

憎しみの歴史は子供に語り継がれ、”実態の無い怒りが受け継がれる”と言う、負の連鎖が起こっていた。

迫害 魚人族 海底
出典:ONE PIECE 65巻 尾田 栄一郎

故郷を魚人に襲われ、大切な人を殺されてしまったナミだったが、人間が魚人に与えた苦痛を知ったことで複雑な感情に見舞われるも、辛い過去に縛られることなく、素晴らしい仲間に出会えた今を楽しむことでアーロンを解き放ったジンベエを赦した。

スマイルの正体

スマイル
出典:ONE PIECE 52巻 尾田 栄一郎

”七武海”のドフラミンゴが経営する”人間屋ヒューマンショップ”が海賊に荒らされた。
しかも天竜人が落札した人魚を逃し、さらに天竜人を殴って大怪我をさせると言う大事件を起こされてしまい窮地に立たされた雇われ店長の”ディスコ”。

オーナーに助けを求めると「時代は”スマイル”さ」とあっさり見捨てられてしまった。

この”スマイル”の謎がパンクハザードで解き明かされ、ワノ国の四皇”カイドウ”戦まで繋がるキーワードとなった。

ちなみに、天竜人暴行事件を受けて”人間屋ヒューマンショップ”は壊滅、地に落ちた”人買いのディスコ”が描かれていることから、人身売買の悪い文化はシャボンディ諸島から消えたようですね。

ディスコ
出典:ONE PIECE 67巻 尾田 栄一郎

麦わらの大頭

ニセルフィ 麦わら大船団
出典:ONE PIECE 61巻 尾田 栄一郎

ニセ麦わらのルフィが100人集めて結成した”麦わらの一味”
これがドレスローザ編で実現します。

ドフラミンゴを倒すために協力したコロシアムの猛者達で結成した”麦わら大船団”

麦わら大船団
出典:ONE PIECE 80巻 尾田 栄一郎

”ミンク族”とゾウ

ミンク族 くま ベポ
出典:ONE PIECE 52巻 尾田 栄一郎

人間屋ヒューマンショップ”の暴行騒動で活躍した”喋るシロクマ”の謎。
動物系ゾオン”の悪魔の実の能力者かと噂にもなりましたが、その正体は喋る動物”ミンク族”だったことが判明しました。

人語を話す動物の”ミンク族”が暮らす”ゾウ”編も、シャボンディ諸島の段階で既に構想されていたんですね。

ベポ
出典:ONE PIECE 81巻 尾田 栄一郎

”クローン技術”とジェルマ王国

パシフィスタ クローン くま
出典:ONE PIECE 52巻 尾田 栄一郎

麦わらの一味を襲った”バーソロミュー・くま”そっくりの人間兵器”平和主義者パシフィスタ”。
同じ顔で同じ強さの人間兵器が何人も登場する謎は、サンジの故郷にありました。

まだ本編でハッキリと説明された訳ではありませんが、ジェルマの国王”ジャッジ”が昔、ベガパンクと一緒に研究していたと言う事実から、ベガパンクはクローン技術を使って”平和主義者パシフィスタ”を量産していると考えて間違いないでしょう。

クローン
出典:ONE PIECE 84巻 尾田 栄一郎

コチラの”ベガパンクについて”の考察の中でもっと詳しく書いています。

ルフィと張り合う船長達

3船長
出典:ONE PIECE 52巻 尾田 栄一郎

シャボンディ諸島で特に印象的だった”3船長”の意地の張り合い。
そして”ロー”と”キッド”の共闘。

これがワノ国編を予言する伏線となっていました。

キッドとローの共闘
出典:ONE PIECE 52巻 尾田 栄一郎

『モデルの国』シリーズ

続編はコチラ↓

『モデルの国』記事一覧

全記事サイトマップ

ONE PIECE 公式漫画アプリ
ONE PIECE 公式漫画アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました