ホグバックのモデル『バットマン リターンズ』

ホグバックのモデルである理由

映画 バットマン リターンズ ホグバックのモデル
出典:https://epicstream.com/
ドクトル・ホグバック
出典:ONE PIECE 46巻 尾田 栄一郎

見た目が完全に一致です。

また、スリラーバーク編は全体的に『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』っぽい雰囲気でしたが、ホグバックのモデルが登場する『バットマン リターンズ』も同じ監督のティム・バートン作品でした。

さらに、イノシシのゾンビ”ローラ”が執拗に求婚する設定も、同じティム・バートン監督の作品をオマージュしていると思います。

『ティム・バートンのコープスブライド』
ティム・バートンのコープスブライド ホグバックのモデル
出典:https://www.amazon.co.jp/
求婚のローラ コープスブライド
出典:ONE PIECE 47巻 尾田 栄一郎

ということで、尾田先生はティム・バートンが大好きでスリラーバークにオマージュを詰め込んだという事がわかりました。

『バットマン リターンズ』

バットマンリターンズ
出典:https://blog.goo.ne.jp/thenightflight

『あらすじ』

ゴッサム・シティに跳梁跋扈するサーカスギャング団。
畸形ゆえ捨てられた過去を持つ首魁ペンギンは、表の世界に乗り出すべく自作自演や狂言などで自らの商品価値を高めていく。

それに協力するのは、野心溢れる実業家マックス・シュレック。
彼は発電所に細工をし、市の生命線を握ろうとしていた。

そんな計画に気付いた内気な秘書セリーナをシュレックは口を封じるためにビルから突き落とす。

猫の魔力で甦った彼女はキャットウーマンとして街に繰り出すようになる。
ペンギンの企み、シュレックの野望を阻止する為に、そしてセリーナに惹かれながらキャットウーマンと争うべくバットマンは今宵も闇を走る。
クリスマスを舞台に怪人たちのサーカスは幕を開けた。

監督:ティム・バートン
脚本:ダニエル・ウォーターズ
原案:ダニエル・ウォーターズ
サム・ハム
原作:ボブ・ケイン
製作:デニーズ・ディ・ノヴィ
ティム・バートン
ラリー・J・フランコ

Wikipediaより引用

『バットマン リターンズ』を配信しているVOD一覧

バットマン リターンズを配信で視聴できるのは以下のサービス↓

googleplayGoogle Playムービー&TV400円今すぐ観る ⏯
youtubeYouTube400円今すぐ観る ⏯
AmazonプライムビデオAmazonプライムビデオ定額見放題今すぐ観る ⏯
telasaTELASA330円今すぐ観る ⏯
dtvdTV400円今すぐ観る ⏯
appleTVApple TV407円今すぐ観る ⏯
u-nextU-NEXT定額見放題31日無料トライアルに登録して観る ⏯

—————————————————————
本ページの情報は2022年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
—————————————————————

オススメはU-NEXT

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録するとバットマン リターンズが無料で視聴できます。
※無料期間でもタダで貰える600ポイントを使えば有料作品や新作映画も観れる!

月額特典無料お試し違約金
u-nextU-NEXT2189円 毎月1200ポイント
※初月は600ポイント
31日間無し

絶対お得なU-NEXTの無料トライアル!
見放題作品はいつでも無料で視聴可能。
有料レンタル作品は毎月貰えるポイントを消費して視聴可能。

⇒U-NEXTの無料お試しはこちら

U-NEXTは無料期間中の解約もカンタン↓

『元ネタの映画』シリーズ

続編はコチラ↓

『元ネタの映画』記事一覧

このサイトの記事一覧

ONE PIECE 公式漫画アプリ
ONE PIECE 公式漫画アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました