【ワンピース】モデルの国を特定!空島編からエニエス・ロビー編までの6ヶ国

空島編からエニエス・ロビー編

ジャヤ西側のモックタウンはジャワ島

ジャヤのホテル
出典:ONE PIECE 24巻 尾田 栄一郎
サンポーコン寺院 モデルの国 ジャヤ
出典:Wikipedia

『インドネシア/ジャワ島

ジャヤ西側のモックタウンはインドネシアのジャワ島がモデルです。

背景の建物は全て端の尖った赤い屋根で統一されています。
これはジャワ島で人気の観光地サンポーコン寺院がモデルです。

サンポーコン寺院にはヴァスコ・ダ・ガマコロンブスに並ぶほど偉大な航海士「鄭和(ていわ)」が祀られています。

ジャヤ東側はスマトラ島

クリケットの家
出典:ONE PIECE 25巻 尾田 栄一郎
マスジッド・アンヌール モデルの国 ジャヤ
出典:https://www.asiamedan.com/tour/2d1n-pekanbaru-city-tour-package

『インドネシア/スマトラ島

モンブラン・クリケットの家に立てられていた城の絵はアンヌールモスク・ペカンバルがモデルです。

インドネシアにはイスラム教徒が多く、祈りを捧げるためのモスクが至る所に建てられています。

観光地としても有名なアンヌールモスク・ペカンバルは、インドネシアに建てられたモスク第一号です。

ノックアップストリームはタンボラ山の噴火

ノックアップストリーム 噴火 モデルの国
出典:ONE PIECE 25巻 尾田 栄一郎
タンボラ山 噴火
出典:https://www.onthisday.com/

「マシラのナワバリで”夜”が確認された次の日には 南の空に”積帝雲”が現れる。」

空まで噴き上げる化け物海流ノックアップストリームはインドネシアで実際に起こった歴史的大噴火がモデルです。

タンボラ山
1815年
インドネシア中南部スンバワ島にあるタンボラ山が人類観測史上最大の大噴火を起こしました。

空中に舞い上がった大量の火山灰により日光が遮られ、インドネシア周辺は3日間”夜”が続いたと言います。

スカイピアはカンボジアのシアヌークビル

スカイピア エンジェルビーチ
出典:ONE PIECE 26巻 尾田 栄一郎
カンボジア シアヌークビル
出典:https://www.trip.com/

『カンボジア/シアヌークビル

麦わらの一味が初めて空島に上陸したビーチは、カンボジアのリゾート地シアヌークビルがモデルです。

カンボジアはヨーロッパセレブに人気のバカンス地で、特にシアヌークビルはビーチだけでなくカジノや高級ホテルが立ち並ぶ人気観光地です。

アッパーヤードはアンコール遺跡

シャンドラ遺跡
出典:ONE PIECE 29巻 尾田 栄一郎
サンボープレイクック遺跡
出典:https://www.travel.co.jp/

『カンボジア/シェムリアップ

神の島アッパーヤードはカンボジアの人気観光地世界遺産アンコール遺跡がモデルです。

  • ガンフォールの好物カボチャのジュース。カボチャの名前の由来はカンボジア
  • エネル軍団の敵の名前に仏教用語が多く登場。アンコール遺跡は仏教の寺院が数多く残る
  • カンボジアにはクメール・ルージュと言う民族大虐殺の歴史がある

以上の3点が根拠になります。

ジェノサイド エネル クメールルージュ
出典:ONE PIECE 29巻 尾田 栄一郎

黄金都市シャンドラは南米の古代遺跡

シャンドラ
出典:ONE PIECE 31巻 尾田 栄一郎
月のピラミッド
出典:Wikipedia

『メキシコ/メキシコシティ

黄金都市シャンドラはワンピース最大の謎”月の民”に直結する都市なので特別扱いです。

『古代都市テオティワカン』

シャンドラの回想シーンでは満月が12回も描かれ、さらにピラミッドの頂点に満月が重なるシーンが3回も描かれました。

これは明らかに”月”を信仰するためのピラミッドだということになります。
となると、メキシコの世界遺産にある「月のピラミッド」がモデルではないでしょうか。

また同じ遺跡には「太陽のピラミッド」と「死者の道」と呼ばれる巨大な直線があり、まるで滑走路のようです。

また、近くのマヤ遺跡からはロケットが描かれた王の棺も発見されています。

太陽の神ニカとなったルフィ、羽根の生えた月の民、黄泉の国から戻ったブルック。
この遺跡とワンピースが無関係とは考えにくいです。

パカル王の石棺の浮き彫り
出典:Wikipedia

ロングリングロングランドはモンゴル帝国

出典:ONE PIECE 32巻
モンゴル 遊牧民
出典:https://mongolmoromoro.com/

『モンゴル/

ロングリングロングランドは元王朝の時代のモンゴルがモデルです。
当時はアジアの東側がほとんどモンゴルでした。

※ちなみにモンゴルの歴史上の人物にカイドゥという人物がいます。

ウォーターセブンはヴェネツィア共和国

ウォーターセブン 換金所
出典:ONE PIECE 34巻 尾田 栄一郎
サン・マルコ寺院
出典:https://fotoma.net/

『イタリア/ヴェネツィア

換金所の建物はサン・マルコ寺院がモデルです。

造船都市ウォーターセブンのモデルはヴェネツィアだと公式発表済みですね。

しかし、ストーリーを歴史に照らし合わせればヴェネツィア共和国の時代が丸々モデルにされていることもわかります。

まとめ

  • ジャヤ西側モックタウンはインドネシア/ジャワ島
  • ジャヤ東側クリケットの家はインドネシア/スマトラ島
  • スカイピアはカンボジア/シアヌークビル
  • アッパーヤードはカンボジア/シェムリアップ
  • 黄金都市シャンドラはメキシコ/テオティワカン
  • ロングリングロングランドはモンゴル
  • ウォーターセブンはイタリア/ヴェネツィア

ここまで紹介した国を線で繋ぐとこうなります。
※シャンドラは特別枠なので除外

世界一周航路2

エジプトから紅海を抜け、中東オマーンの港で物資を補給。
そこから一気にインドネシアに向かい、大陸めがけて北上。
カンボジアからモンゴル、そしてイタリアへ。

地図上で見る限り、無理のないルートですね。
お金と時間さえあればルフィと同じ旅が出来そうです。

『モデルの国』シリーズ

続きはコチラ↓

『モデルの国』記事一覧

全記事サイトマップ

ONE PIECE 公式漫画アプリ
ONE PIECE 公式漫画アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました