ナミの出生はシャンクスと同じパターンか?【オイコット王国の王女】

2022年8月6日公開の映画『ONE PIECE FILM RED』に出てくるセリフや、来場者特典「ONE PIECE巻四十億」に掲載された内容を基にしています。

※この記事は映画のネタバレを含みますのでご理解の上で読み進めていただくようお願いします。

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
posted withアプリーチ

シャンクスのパターン

ゴッドバレー事件 ロジャー シャンクス
出典:ONE PIECE 四十億巻 尾田 栄一郎

映画で公表されたシャンクスの新情報をまとめたコチラの記事を、さらに要約したものがコチラ↓

  • シャンクスを「フィガーランド家の血筋」と呼んだ五老星
  • フィガーランド家は天竜人の可能性が高い
  • シャンクスはゴッドバレー事件でロジャーに拾われた
  • シャンクスの親は天竜人・フィガーランド家の可能性が高い
  • 本名『フィガーランド・シャンクス』で天竜人の可能性が高い

要するに『戦場で拾われた赤ん坊は実はすごい血筋』というパターンが誕生したということです。

これに当てはまりそうなヒロインがいましたね。

【オイコット王国】ナミの出生

ナミの出生 赤ん坊
出典:ONE PIECE 9巻 尾田 栄一郎

東の海オイコット王国の戦場で女海兵に拾われたノジコとナミ。

オイコットとは…Tokyo を逆さまにして oykot。
意味は、”物質的には豊かでも心の貧しい東京とは真逆で、不便だが心が豊かな人が住む場所”とされる日本独自の造語

なんとなく、マリージョアの正反対という印象を受けますね。

つまり、天竜人だった(?)シャンクスと同じような出生のナミも、世界の謎に直接関係するようなレアな血筋なんじゃないか説です。

遠くでルフィを見守る父親代わりのシャンクスに対して、近くでルフィを世話する女房役のナミ。

なんとなく対極で描かれている感もありますね。

ちなみにTOKYOの反対でOYKOT(オイコット)ですが、この法則をナミの名前に当てはめると

IMAN →I’m AN → 「私はアン」

『アン』はワンピース連載前の読み切り『ROMANCE DAWN』のヒロインや、ロジャーの子供が女の子だった時のための名前だったりと、なにやら意味ありげなキャラの名前ですね。

ナミが何かしらの王である疑い

ナミ 王女
出典:ONE PIECE 91巻 尾田 栄一郎

ナミの血筋が怪しいと思って調べ始めた頃は、どストレートに『ある巨大な王国の生き残り』だと決め付けてみたんですが、それだとストーリー的に都合が悪いんですよね。

仮にナミがトキトキの能力か何かで未来に飛ばされた”ある巨大な王国”の王家の血筋だったとします。

で、海賊 VS 政府の大戦争にルフィ達が勝利して、マリージョアから天竜人を追い出します。

そして900年前に世界を乗っ取られる前の、本来の王族の血筋であるナミが新しく世界の王になります。

じゃあ、ナミは王としてそのまま幸せに暮らすのか?
麦わらの一味の航海士は入れ替える?
世界中の海図を描くというナミの夢は?

麦わらの一味が1人でも欠けるラストを読者が望んでるか?
それを尾田先生が描くか?

こう考えた時に天から声が聞こえました。

「ボツ!やり直し」

”2人の王”のもう1人がナミ説

2人の王 出会い ナミ クジラ達
出典:ONE PIECE 96巻 尾田 栄一郎

天竜人に代わる世界の王じゃないにしても、なにかしらの”王”だと思うんです。

特に魚人島でのやり取りが怪しすぎる。
上のコマで会話に出た「クジラ達も喜んでいる」

これがこのシーン。

ナミ しらほし 2人の王 クジラ
出典:ONE PIECE 63巻 尾田 栄一郎

ナミとしらほしが初めて会ったシーンで、喜ぶクジラ達が描かれています。

さらに決め手はこのシーン。

似ている境遇 ナミ しらほし
出典:ONE PIECE 64巻 尾田 栄一郎

匂わせてますよね。
確実に。

と言うことで、一言でまとめると

「もともと怪しかったナミの血筋が、シャンクスパターンを当てはめるともっと怪しくなった」

という記事でした。

といったところで今回はお開き。
ありがとうございました。

『ガチ考察』シリーズ

続編はコチラ↓

『ガチ考察』記事一覧

全記事サイトマップ

ONE PIECE 公式漫画アプリ
ONE PIECE 公式漫画アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました